「味噌作り教室」のご案内と1月に行われた味噌教室のレポートです。

開催日時 2017年 2月17日(金)、2月18日(土)、2月19日(日)
2017年 3月10日(金)、3月11日(土)、3月12日(日)
どの日も9:30~12:30
会場 能勢町保健福祉センター「ささゆりセンター」
参加費用 3500円(材料費込み)3キロほどのお味噌ができます。
交通のご案内 ■能勢電「山下」駅下車、阪急バス「山下駅前」9時00発【73能勢の郷】行き

「赤馬」下車で9時21分頃に着きます
持ち物 エプロン、三角巾、保存容器
申し込み 090-7768-3195(谷口恵子まで)

IMGP77771月の味噌作り教室の参加者は3人で豊能町から1人、能勢町から2人でした。
雪の残る道路状況を心配し、一度中止にしようとしましたが、参加者の強い要望で今回も開催することになりました。

IMGP7770
能勢産の有機大豆。一晩水に浸けた大豆を親指と小指でつぶれるくらいの柔らかさになるまで煮ます。

IMGP7775味噌作りに欠かせない米麹です。能勢産の美味しいお米で「糀」が出来ました。

IMGP7784大豆をミンチ状に潰す機械を通して、麹と塩(徳島産)と混ぜ合わせていきます。

IMGP7781混ぜ合わせたものを団子状にしていきます。

IMGP7789団子にまとめることで中の空気を抜いていきます。

IMGP7793空気を完全に抜いてから袋に詰めていきます。一年間ゆっくり熟成させれば美味しいお味噌が出来上がります。

IMGP7792参加者が失敗に繋がりそうなところは、味噌作りの達人、谷口さんがきっちりフォロー。

IMGP7796味噌を作った後、試食会が行われ、塩糀ドレッシング、だし糀、味噌(黒砂糖など混ぜてある物)を頂きました。
塩糀ドレッシングはパンにとても合いました。マスタードを混ぜてサンドイッチに合いそうだなぁと思いました。
豊能町の方はだし糀を市販の味噌を使って味噌汁を作るとき、だし糀を入れると本格的な味になり、野菜の美味しさが際立つとおしゃっていました。

IMGP7797
豊能町の方は味噌教室は2回目の参加で、料理教室には4回ほど参加してくれています。
昨年の味噌教室では少ししか作らなかったので、今回は10キロ以上作られていました。
自分の食べる用はもちろんですが、子供や孫にプレゼントするそうです。
子供はとても喜んでくれるそうで、あげる本人もプレゼントしたくなるお味噌だとおしゃっていました。

【会場地図】能勢町栗栖82番地の1(能勢町保健福祉センター)

味噌を作ったことがない方も、この機会に「手前味噌」チャレンジしてみてください!